粕屋ジュニアサッカークラブ 育成指針、方針


1. 豊かな人間性の育成
人間性の教育を怠っては、良いサッカー選手の育成はできません
* 状況を観て、自分で考え、自ら行動を起こすことができる
* 自分の考えを表現できる→人の話を聞ける
* 挨拶,社会的なマナー
* 自己管理…生活習慣(勉強、食事、睡眠、休養)
* リスペクト→大切に思うこと
(選手、レフェリー、指導者、サポーター(親)などサッカーに関わる全ての人へ) 人間性の教育は、指導者と保護者の皆様及び学校関係者の方が協力しなければできないことです。
そのため三者が良い関係を保ち、お互いの協力により自立したひとりの人間を育てていきたいと考えます。

2.質の高いサッカー → 「基本の習慣化」
状況を観てそれに応じて素早く的確な判断ができ、それを実践できる
* 良い判断をし、実践するための良い習慣を身に付ける
* 理解できる→意識すればできる→無意識でできる→実践状況の中でできる
* 習慣化することで意識をよりクリエイティブな方向に発揮できる
* 習慣化された基本というしっかりとした土台の上で個性を発揮できる選手

3.プレーする上で大切な要素
良い取り組み姿勢から良い習慣は生まれる!
* 戦い続ける精神
* 自分の与えられた役割を理解し、最後までやりぬく責任感
* 常に味方を励まし鼓舞する能力
* 味方の失敗にも助け合い協力する気持ち
* 失敗を悔やまず、恐れずにチャレンジする前向きな考え方
* 常にボールと相手、味方の動きに対応できる集中した状態
* 互いに指示し合える能力

4.勉強との両立
勉強と両立できなければ、サッカーをする価値はありません!
* 学校での授業を大切にする
* 毎日少しの時間でも家庭学習する習慣
* 24時間をうまく使えるようになる

【粕屋ジュニアサッカークラブ】

 

福岡県糟屋郡粕屋町で活動するジュニアサッカーチーム

1976年創部

運営 一般社団法人粕屋クラブ

総部員数 2018年6月現在86名(キッズスクール含む)

​TEAM